営業案内

本日カフェは通常どおりご利用いただけます。
11:00~20:00までの営業となります。

※年末年始の営業時間と店休日のお知らせ:
12/29(土)は17:00までの営業、
12/30(日)〜1/2(水)は店休日となります。

ACCESS MAP
CLOSE

椿のように、凛と、優美に。

TABLESの今季のテーマ「TABLES for JAPAN」では、日本の伝統と革新を感じるBOOKS & GOODSセレクションをご用意しています。今回はこの季節ならではの、椿舞う品々をご紹介します。

2019.02.18 MON
椿のように、凛と、優美に。 椿のように、凛と、優美に。

資生堂の花椿マークが生まれたのは1915年。いまから100年以上前のことです。株式会社資生堂の初代社長・福原信三自らの手で描かれたマークが原形となっています。当時「香油 花椿」という髪油の人気が高まっていたこと、原産国が日本であること、そして、椿のもつ女性らしさから、椿をモチーフにしたと言われています。

今回ご紹介するのは、そんな椿尽くしのセレクションです。椿の花言葉は「気取らない優美さ」。凛としつつも、控えめな美の姿をお楽しみください。

『日本のこよみ』写真・井上博道、文・井上千鶴(パイインターナショナル)

日本人は古くから季節のわずかな移ろいを「二十四節気」と名付け、気候や動植物の移り変わりにとても敏感でした。立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨・・・。寒さが和らぎ、植物が芽吹き、恵みの雨をもたらす季節の流れが表現されています。

本書はそんな二十四節気を、美しい日本の風景と旬の食や室礼で案内してくれます。端午の節句には天神さんの愛らしい姿、小雪の時期には昔懐かしい火鉢など、季節の味わい方が満載。この本を片手に日本の四季を感じてみてください。

『美しくなるにつれて若くなる』白洲正子(ハルキ文庫)

古典文学、工芸、骨董など日本文化の本質を見つめ続けた白洲正子。本書は、たしなみとは何か、若さとは何か、智慧とは何かを語りかけるエッセイ集です。「たしなみについて(抄)」「新しい女性のために」「智恵というもの」などを収録しています。

「あなたも、わたしも、進歩しようとしたって、進歩なんかしやしないのです。ただ一心不乱に自己の人間を育てようではありませんか」。白洲正子のピリリと背筋の伸びる言葉の数々をぜひ味わってみてください。

押花 椿・山茶花コースター
created by toumei

凜として美しく、古来より日本人に愛されてきた椿と山茶花を押し花にし、丸みのある花びら、花弁がそのまま鮮やかなコースターになりました。椿とは縁の深い、資生堂にぴったりの商品です。アクリル樹脂をベースに、素材が持つ可能性を美しく引き出すプロダクトは、豊かな暮らしを彩ります。

TABLESでは椿を味わうスイーツも多数ご用意しています。ぜひご来店の際には、椿セレクションのGOODS & BOOKSとともにお楽しみください。

HOME

STORY

椿のように、凛と、優美に。

〒104–0061 東京都中央区銀座7–8–10 SHISEIDO THE STORE 4F
TEL 03–3571–1420
営業時間 11:00–20:00(L.O. 19:30)不定休